【2019合格】vol.06 妄想をカタチにして発信する

2019年4月1日

M.E.さん

潤徳女子高等学校美術デザインコース 合格・進学
新松戸南中学校
アトリエ新松戸 中学生美術科

表現の違いに触れる

将来、絵に関する仕事につきたいと思っているのですが、今はまだ自分の画力がそのレベルに達していないと気づき、美術高校への進学を決意しました。
中学2年生の頃です。

中3の9月には本気で「実技の勉強をしないと」と思い、アトリエ新松戸に通い始めました。

アトリエの授業では、鉛筆デッサンのモチーフが毎回変わるので様々な物の明暗について考えることができました。

すると自分の苦手なものが分かり、次にどうやってモチーフ同士をつなげるか工夫してみたり、鉛筆だけでなく水彩やパステルなど様々な技法を学ばせていただけるので、絵の表現の違いにたくさん触れられてとても嬉しいです。

入試ではとても緊張しましたが、先生方や先輩方がとても優しくしてくださったので、良い雰囲気のなか受けることができました。

高校に入ったら絵の勉強をもう一度基礎から叩き直して、自分が納得できる絵を描けるようになりたいです。

私は妄想癖がひどく、よく脳内で物語を創ってしまうのですが、その物語を世の中に発信するという夢─漫画家になること─を絶対に叶えるつもりです。

皆さんへのメッセージ

自分を信じて、決して諦めずに頑張ってください!
努力は絶対実ります。